義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)とは?
義歯は決して見た目だけのためのものではありません。せっかく義歯を入れても、かみ合わせが合わず、食べ物がきちんと噛めないばかりではなく、肩こりや頭痛に悩まされることがあります。また、義歯がフィットせず、入れ歯がすぐ取れてしまったり、歯茎が痛いなどさまざまです。 当院では、金属床義歯をはじめ、薄くて軽いバネのない新しい義歯も用意しておりますので、現在義歯を検討している、または義歯を利用しているが、自分に合っていないようだ・・・などお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。

義歯(入れ歯)について

総入れ歯と部分入れ歯
  • 総入れ歯
    総入れ歯
    大部分の歯が失われた場合に用いるタイプです。総入れ歯は吸盤のように口の中で密着します。
  • 部分入れ歯
    部分入れ歯
    取り外し式の部分入れ歯を歯肉の上に直接置き、周囲の歯にクラスプ(金属のバネ)で固定して噛めるようにします。

バネのない入れ歯 「スマートデンチャー」

スマートデンチャー

金属を使わずナイロン樹脂で作られた、吸水性が低く衛生的で、薄く・弾力性に優れた全く新しい入れ歯、それがスマートデンチャーです。「目立たない」「丈夫」「噛める」「痛くない」など、従来の入れ歯のイメージをくつがえします。審美性に大変優れている為、とくに見た目を気にされる方、人前に出る機会が多い方に喜ばれています。

従来の義歯(入れ歯)とスマートデンチャーの違い
  • ほとんど目立たないので審美性に優れている
  • 弾力があるのでこわれにくい
  • フィット感が良い
  • 軽くて、薄いので違和感が少ない
  • 金属アレルギーの方に適している

▲ページの先頭へ戻る