口腔外科治療

インプラント治療に付随する治療はもちろん、親知らずの埋伏抜歯、舌や粘膜の疾患の治療、炎症、外傷、顎関節症等、外科的処置を伴うさまざまな疾患の治療を行います。症例によっては大学病院等の専門機関を御紹介致します。

歯根端切除術

歯の奥深くまで細菌に感染してしまい、根の先に膿の袋ができた場合に行う外科処置のことです。 むし歯が進行し、なおかつ根管治療を行なっても症状が改善しない場合には、 感染が残存している部分を外科的に取り除く処置(抜歯など)が必要となります。 この時に歯の全体を抜歯して、感染している部分を取り除くのではなく、 歯の一部分だけを外科的に取り除くことで、症状の改善を図るのが歯根端切除術の目的です。

当院ではCTによる診断を行うため、従来より確実に診断することが可能です。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯をする理由
・親知らずが、腫れや炎症の原因となる場合があるため
・隣の歯を押すことで歯並びに悪影響があるため

親知らずの生え方によっては歯磨きをすることが難しい状態になっている場合もあります。このような状態を放置していると、場合によっては将来的に虫歯や歯周病になってしまう可能性が高くなります。 その際に、手前の正常な歯も巻き込んでしまう可能性があるので、基本的には親知らずの抜歯はなるべく早い段階で行うことをお勧めします。親知らずが骨の中に完全に埋まっている場合、腫瘍や嚢胞(のうほう)の原因となってしまったり、歯並びが悪くなってしまうこともあります。

親知らずがちょっと出ている場合

歯みがきが届きにくく親知らずや 隣の歯が虫歯になりやすくなります。 また、化膿すると痛みや口臭の原因にもなります。
親知らずが歯ぐきの中に埋没している場合

歯ぐきの中に埋まっている親知らずは、隣の歯を押して炎症を起こす事もあり、処置が必要な場合もあります。

連携医療機関

  • ・東北大学病院 歯科顎口腔外科
  • ・徳洲会病院 歯科口腔外科

▲ページの先頭へ戻る

こえだ歯科医院について
所在地・お問い合わせ こえだ歯科医院

〒981-3108
仙台市泉区松陵3-27-4

地下鉄泉中央駅より宮城交通バス「松陵ニュータウン行き」
松陵2丁目バス停・徒歩10秒

診療予約・お問い合わせはtel.022-371-4555 診療時間のご案内 診療時間
カード使用可能(自費診療のみ)