歯周病治療

歯周病とは?
歯周病

歯周病は、歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です。むし歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯茎もとても大切です。症例は、歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されりする病気です。歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。治療に早すぎるという事はありません。あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。歯周病は歯ぐきだけが腫れた状態となる歯肉炎(しにくえん)と、歯と歯ぐきをつないでいる部分が壊されたり、歯を支えている骨が壊される歯周炎(ししゅうえん)に分類されます。

プロによる徹底的なクリーニング「PMTC」

PMTCとは、専用の器具を用いて行うプロによる歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、むし歯や歯周病を防ぎます。どんなに毎日丁寧に磨いていても、磨き残しはどうしても出てしまうものです。歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)には歯ブラシが届かないのです。PMTCをすることにより、自身では取り除けない汚れを除去し口腔内を清潔に保ちます。

PMTC

進行を抑え、再発を予防する「スケーリング & ルートプレーニング」

歯垢(プラーク)は時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない歯石になり、歯石は歯周病菌の格好の棲家となるため、早めに取り除くことが大切です。「スケーリング&ルートプレーニング」とは、歯石・歯垢(プラーク)を除去し、再び付着しづらくする治療法です。歯磨きでは取り除けない歯石はもちろん、取り除けてい ない歯垢(プラーク)を歯医者で除去することによって炎症が収まり、歯周ポケットの深さも浅くなりますので、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。

治療後の定期検診

一度歯周病になってしまうと再度歯周病になってしまう可能性が高くなります。再発を防ぐためにも治療後の定期的なメインテナンスが重要になります。少なくとも3か月に1度は受診するように習慣づけましょう。口の中をチェックしてもらったり、歯みがきでは落とせない歯石や着色汚れなども落としてもらったりすれば、むし歯予防にも効果的です。

▲ページの先頭へ戻る

こえだ歯科医院について
所在地・お問い合わせ こえだ歯科医院

〒981-3108
仙台市泉区松陵3-27-4

地下鉄泉中央駅より宮城交通バス「松陵ニュータウン行き」
松陵2丁目バス停・徒歩10秒

診療予約・お問い合わせはtel.022-371-4555 診療時間のご案内 診療時間
カード使用可能(自費診療のみ)