インプラント治療

インプラント治療とは?
インプラント図

インプラントとは、歯が抜けてしまったところにチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療法です。埋め込まれたインプラントは顎の骨と結合してしっかりと固定されるため、天然歯と同じような噛み心地が得られます。入れ歯のような違和感はなく、ブリッジのように周囲の健康な歯に負担をかけることもありません。人工歯は患者様に合わせてハンドメイドで1歯ずつ作りますので、外観も違和感がありません。

当院では、3i(オッセオタイト・インプラント)を使用しております。 オッセオタイトインプラントは生体組織学的背景と臨床結果に裏付けられたインプラントとして紹介されています。

当院ではインプラント治療をより正確に行うためサージカルガイドを使用しております

  • Step1初回診断とワックスアップ
    歯型を取り、インプラントを埋入したい部分に模型上で理想的な歯を作ります(Wax Up)。
    この模型からインプラント埋入部に造影剤を入れマウスピースを作ります。

  • Step2CT撮影
    CT撮影このマウスピースをお口の中に入れたままCT撮影を行います。

  • Step3インプラントプランニング
    インプラントプランニング撮影後、造影剤の部分は画像上に白く写ります。この下にある骨がどのような状態か診断をして埋入するインプラントの長さや径、埋入方向を決めます。
    決定した情報とこの撮影に使用したマウスピースをドイツのシロナ社に送ります。

  • Step4サージカルガイドを用いたインプラント手術
    約2週間後、完成したサージカルガイドが歯科医院へ届きます。造影剤を入れた部分にはインプラントドリルの目印となる金属の筒が埋め込まれています。
    手術ではこのサージカルガイドをお口の中に入れ、金属の筒の中にドリルをしていくだけです。術後のCT撮影でも術前の計画通りの位置に埋入されたことが確認できます。

  • インプラントのよくある質問

    インプラント治療に年齢制限はありますか?
    個人差はありますが、骨の成長がほぼ終了する最低16歳以上で、医学的・解剖学的に条件が満たされている限り、どなたでもインプラント治療を受けることができます。
    インプラントの手術は痛いですか?腫れますか?
    口の中だけの局所麻酔をするので、手術中の痛みはありません。ただし、麻酔が切れてからは傷口の痛みが全くない訳ではありません。手術後に痛みや腫れが出る場合がありますが通常はすぐに治まります。
    手術後のお口のお手入れはしなくて良いのですか?
    インプラントの寿命はお口のお手入れの状態で決まります。歯ブラシだけでなく、補助的な清掃用具(歯間ブラシなど)を必要とすることもあります。担当医や衛生士からお口のお手入れ方法の指導を受け、日頃の清掃に心がけて下さい。必ず定期検診を受け、担当医からチェックと指導をしてもらうことが大切です。
    インプラント手術のために入院する必要がありますか?
    インプラントを埋め込む手術は、麻酔を使いますが、通常は入院の必要はありません。
    手術当日に帰宅できます。
    インプラントはどのくらいもちますか?
    インプラントはチタン製で丈夫にできています。
    定期検診と毎日のお手入れ次第で長期間ご使用いただけます。
    以前の自分の歯と同じように噛めますか?
    インプラントは顎の骨に埋め込み、骨と結合するため、自分の歯と同じように噛むことができます。

    インプラントは今までの治療法とは違います!

    CTで診断することにより、従来のレントゲンではわかることができなかった、歯や顎の骨の詳しい状態を正確に把握する事ができます。埋伏している親知らずの状況を正確に把握する事で、安全な抜歯が可能です。また、インプラント治療においては、顎の骨の情報を正確に知ることで、安全で質の高い治療を提供する事ができます。詳しくは歯科用CTページをご覧下さい。

    3iインプラント

    当院のインプラントは世界で200種類ほどあるインプラントの中でも市場規模の大きい3iインプラントです。3iはインプラントの盛んなアメリカで第1位のシェア(2005年度統計)を占め、技術開発の点で、他のインプラントの追従を許しません。 詳しくはZimmerBiometのホームページをご覧下さい。

    インプラントは今までの治療法とは違います!

    前歯を一本失った場合
    • 従来の治療法 (ブリッジ)
      従来の治療法 (ブリッジ)
      両側の健康な歯を削る必要があります。
    • インプラント治療(前歯)
      インプラント治療
      健康な歯を削ることなく、天然の歯と区別がつかない歯並びを再現できます。

    奥歯を失った場合
    • 従来の治療法(部分入れ歯)
      従来の治療法 (部分入れ歯)
      金属の止め具などに違和感を感じ、見た目もよくありません。かたいものが安心して食べられません。
    • インプラント治療(奥歯)
      インプラント治療
      止め具などを使わないため、口の中に違和感を感じません。しっかり固定されているので、かたいものを食べても安心です。

    全ての歯を失った場合
    • 従来の治療法(総入れ歯)
      従来の治療法 (総入れ歯)
      ガタつきがあると安心して食事ができません。入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛くなることがあります。
    • インプラント治療(総入れ歯)
      インプラント治療
      自分の歯のようなしっかりした噛みごこちで、安心して食事ができます。入れ歯のように外れる心配もありません。

    総入れ歯が安定しない場合
    • 従来の治療法(総入れ歯)
      入れ歯安定剤・入れ歯の作り直し
      入れ歯安定剤では、人前で外れるなどの不安があります。※総入れ歯の場合、顎の骨がやせて入れ歯が合わなくなることがあります。
    • インプラント治療(総入れ歯)
      インプラント治療
      入れ歯の支えにインプラントを使うことで、入れ歯が外れたりガタつくことがなくなり、口元に安心感が持てます。

    インプラント治療の流れ

    手術(1回目)
    手術(1回目) 歯茎を開き、インプラントを顎の骨にしっかりと固定させ、歯茎を閉じます。 3~6ヶ月にわたって治癒期間を設け、インプラントと顎の骨の結合を待ちます。
    手術(2回目)
    手術(2回目) 顎の骨とインプラントが結合したことを確認し、人工歯取り付けのための部品を連結させます。2~4週間にわたって治癒期間を設け、歯茎の形が整うのを待ちます。
    仮歯の取り付け
    手術(3回目) 患者様の歯型を採取して仮歯を作製し、噛み合わせを調整します。1~2週間にわたって歯茎の治癒を待ち、同時に正式な人工歯を作製します。
    人工歯の取り付け
    手術(4回目) 人工歯を取り付け、メインテナンス方法などをご説明します。

    ▲ページの先頭へ戻る

    こえだ歯科医院について
    所在地・お問い合わせ こえだ歯科医院

    〒981-3108
    仙台市泉区松陵3-27-4

    地下鉄泉中央駅より宮城交通バス「松陵ニュータウン行き」
    松陵2丁目バス停・徒歩10秒

    診療予約・お問い合わせはtel.022-371-4555 診療時間のご案内 診療時間
    カード使用可能(自費診療のみ)