予防歯科治療

予防を心がけることが大切

これまで歯科医院へは「歯が痛くなってから行く」という方は多かったのではないでしょうか?確かに歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。痛くなってから行く⇒歯を削るという悪循環をとめることが重要です。そのため、近年はむし歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。健康な歯を保つためにも、むし歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけましょう。

むし歯の原因とは?

1. 歯の表面にむし歯菌が定着する
これまでの多くの研究者達によって、むし歯は数種類の細菌が関係していることがわかっていますが、最も主要な細菌はストレプトコッカス・ミュータンスとされています。この菌が、歯の表面に定着することがむし歯を引き起こす必要不可欠の条件になります。
2. 歯がむし歯菌の攻撃に抵抗しきれない
お口の中にはいろいろな細菌が存在しており、その集団を常在菌叢とよんでいます。これらの役割は外からのバイキンの定着や侵入を阻害しています。しかし、常在菌叢に割り込もうとする細菌がいて、これらが割り込むと増殖を開始し、しだいに悪さをしだします。その代表が、むし歯や歯周病といった病気なのです。
3. 砂糖などの糖分が口の中に存在すること
むし歯菌は、砂糖をエネルギーに変えて「酸」をつくります。しかし、甘党の人が必ずむし歯になるわけではありません。問題は砂糖の量ではなく、お口の中に食べ物が入っている時間の長さが問題です。食後の歯磨きはもちろんの事、食事と食事の間にお口の中を休ませてあげる為にも規則正しい食生活を心がけることが大切です。
4. 上記の3要因が一定時間以上持続すること
むし歯は、上記に挙げた3要因が主な原因となります。その条件が揃い、その上で一定時間以上その環境が保たれたことによってむし歯菌が活動する絶好の環境が作られ活性させると考えられています。

プロによる徹底的なクリーニング「PMTC」

PMTCとは、専用の器具を用いて行うプロによる歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、むし歯や歯周病を防ぎます。どんなに毎日丁寧に磨いていても、磨き残しはどうしても出てしまうものです。歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)には歯ブラシが届かないのです。PMTCをすることにより、自身では取り除けない汚れを除去し口腔内を清潔に保ちます。

PMTC

定期的に検診を受けることが大切です

歯の健康のためには、日頃からフッ素入りハミガキを使って、丁寧に歯を磨くこと、そして、定期的に検診を受けることが大切です。治療などの必要がなくても、少なくとも3か月に1度は受診するようにように習慣づけましょう。口の中をチェックしてもらったり、歯みがきでは落とせない歯石や着色汚れなども落としてもらったりすれば、むし歯や歯周病の予防にも効果的です。

▲ページの先頭へ戻る

こえだ歯科医院について
所在地・お問い合わせ こえだ歯科医院

〒981-3108
仙台市泉区松陵3-27-4

地下鉄泉中央駅より宮城交通バス「松陵ニュータウン行き」
松陵2丁目バス停・徒歩10秒

診療予約・お問い合わせはtel.022-371-4555 診療時間のご案内 診療時間
カード使用可能(自費診療のみ)